スイゼンジノリの発祥地ってどんなとこ?

スイゼンジノリの発祥地ってどんなところなのでしょうか。
スイゼンジノリの発祥地でもある江津湖(えずこ)は熊本県熊本市東区から中央区にある湖で、上江津湖(かみえずこ)と下江津湖(しもえずこ)にわかれています。
スイゼンジノリなど貴重な動植物があり、上流部にはホタルなどもいるとても澄んだところで、自然だけではなくレジャー施設もあるなど、住宅街に囲まれた緑豊かな場所で、市民の憩いの場ともなっているそうです。

過去には工場排水や周辺の宅地化などによって水質悪化が進んでいましたが、現在は浄化の取り組みが進められています。
このような所で咲いている貴重なスイゼンジノリは、化粧品に使用されています。
スイゼンジノリ多糖体の保水力は、ヒアルロン酸より優れていて、バリア機能を高める事も出来るのです。

「咲水」は配合成分や、水にもとてもこだわっていて、敏感肌でも使えるように指定成分無添加の自然派の化粧水なのです。
リバテープ製薬は、国内メーカーで最初に開発した、家庭用救急絆創膏でお馴染みの会社なので肌も絆創膏で守れるように、バリア機能も高めてくれるのです。
口コミもいいものばかりなので、「咲水」はとても気になるスキンケア商品です。